ホーム

研究室について(About us)

 長崎大学「高電圧パルスパワー・プラズマ研究室」は古里准教授によって運営されています。高電圧パルスパワー技術によって発生させる放電プラズマ・衝撃波・高電界により、新しい産業応用を生み出すべく日々研究に取り組んでいます。

新着ニュース(What's new)
招待講演で発表を行いました(古里)
学会名「2021年度 静電気学会東北・関⻄・九州⽀部合同研究会,第 449 回⽣存圏シンポジウム」 発表タイトル「超臨界流体と水中におけるパルス放電由来の衝撃波の観測」 発表者「古里友宏」 ...
ACS Appl. Polym. Mater.(IF:4.089,Q1)に論文が掲載されます。(共同研究@熊本大学)
本論文は熱応答性ポリマーの合成を水上パルスアーク放電によって実現した内容が掲載されます。本研究によりバイオメディカル分野への応用が期待でき、薬剤やナノ粒子の添加を水を溶媒として実施できる可能性が広がりました。
J. Phys. D: Appl. Phys.(IF:3.207)に論文が掲載されます。
本論文は水上沿面放電によって水中へ衝撃波が観測されることを世界で初めて観測した結果です。今後、水とプラズマの相互作用の解明や、水中衝撃波による応用展開が期待されます。
研究室ホームページを作りました!
2021年10月に古里研究室がスタートしました。よろしくお願いします。コンテンツはこれから徐々に充実させようと思います。新着情報は…頻繁に更新できるように頑張ります。