目的

 機械と電気を有機的に結合し,ダイナミックな系を構成することによって高い機能を有するシステムが実現できることは周知のとおりである.このような技術体系をさらに発展させるためには,機械,電気,原子力,材料,化学,生物,制御などの多岐にわたる学問の共創が不可欠である.このため本シンポジウムは,「電磁力」と「ダイナミクス」に関連する異分野,異業種の研究者が一堂に会し,情報交換と討論を行うことによってこの分野の研究を総合的に発展させる場を作ることを目的とするものである.

開催の経緯

 本シンポジウムは,これらの研究者が情報交換と討論を行う場として,日本機械学会,日本AEM学会,電気学会によって,それらの学会の特徴を生かしながら催されるシンポジウムである.  日本機械学会の主催で第1回シンポジウムが裏磐梯国民休暇村にて開催されて以降,電気学会と日本機械学会とが交互に主催してきた.第11回からは日本AEM学会が加わって輪番による担当で開催されている.

開催回開催日時開催地主催学会
第1回1989年6月26~28日裏磐梯国民休暇村日本機械学会
第2回1990年6月13~15日名古屋市工業研究所電気学会
第3回1991年6月12~14日桐生市地域地場産業振興センター日本機械学会
第4回1992年6月10~12日石川県立社会教育センター電気学会
第5回1993年6月9~11日日立シビックセンター日本機械学会
第6回1994年7月13~15日秋田市文化会館日本機械学会
第7回1995年5月29~31日ルネッサンス長崎・伊王島電気学会
第8回1996年6月29~31日北とぴあ日本機械学会
第9回1997年6月24~26日北海道大学学術交流会館電気学会
第10回1998年6月23~25日宮城勤労総合福祉センター日本機械学会
第11回1999年10月13~15日横浜シンポジア日本AEM学会
第12回2000年6月29日~7月1日メルパルク沖縄電気学会
第13回2001年6月21~23日幕張メッセ交際会議場日本機械学会
第14回2002年5月22~24日岡山大学日本AEM学会
第15回2003年5月28~30日金沢市観光会館電気学会
第16回2004年6月9~11日北九州国際会議場日本機械学会
第17回2005年6月22~24日高知市文化プラザかるぽーと日本AEM学会
第18回2006年5月18~19日神戸国際会館電気学会
第19回2007年5月17~19日早稲田大学国際会議場日本機械学会
第20回2008年5月21~23日別府国際コンベンションセンター日本AEM学会
第21回2009年5月20~22日メルパルク長野電気学会
第22回2010年5月19~21日門司港ホテル日本機械学会
第23回2011年5月18~20日愛知県産業労働センター日本AEM学会
第24回2012年5月16~18日富山国際会議場電気学会
第25回2013年5月15~17日箱根ホテル小涌園日本機械学会
第26回2014年5月21~23日アイーナ 岩手県民情報交流センター日本AEM学会

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-13 (水) 19:47:22 (436d)